「がん」について がんとは もしもに備える 診断・治療の現状最新がん治療 身内や知合いの発病 「がん」になったら診察で注意すること 治療中の注意点 治療後の注意点痛みの緩和 身内や家族の発病 患者の気持ち 「がん」が治るとは 完治と寛解(かんかい)完治までの制約事項「がん」関連リンク 各種「がん」の説明 がん支援団体
疾患別 闘病記 がん情報【掲示板】 このサイトについて代表の略歴 皆さんへのお願いメールによる質問等
「がん」になったら> 身内や家族の発病


 
身内や家族が、がんを発病したら 本当に不安で何とか治ってほしいという気持ちでいっぱいだと思い
 ます。
 身内や家族として、どのように患者さんと接して行けばよいか参考にしてください。



 病院や患者本人に接する基本は、「がん」について ・身内や知合いの発病と同じですが、患者さんとの接点が強い身内や家族の場合、特に以下を注意し患者さんの精神的な負担を減らしてあげてください。


「我儘をいう場合があります」
 患者さんによっては、入院中 身内に我儘を言い出す人がいます。
患者さん本人が 「なぜ、俺ががんになったんだ」と、現実を受け入れたくない思いが強くなり、普段は我儘を言わない人でも、我儘を言い出す場合があります。
これは、患者本人が、気持ちの整理がつかないために、我儘を言って自分の気持ちをごまかしているからです。

無理難題を、すべて聞き入れるのは大変で、精神的にも大きなストレスになると思いますので、全てを聞く必要なないと思います。ただ、患者さん本人が、病気を治す気持ちが出るように、「病気が治ったら何をしよう」「どこかに旅行に行こうね」というような前向きな夢のある話をして、前向きに治療に取り組めるようにしてあげてください。



「ポジティブな話をしてあげてください」
 患者さんにとって、入院や通院治療は楽しい筈がありません。
もしかすると、患者さんは、病気が治らないかも知れないとネガティブに考えているかも知れません。
治療費や生活のことを考えると、身内や家族は とても不安になると思いますが、患者本人も口には出さなくても大きなジレンマを感じています。
できるだけ、労わりを持って ポジティブで楽しい話をするなどして患者さんの頑張る力が出るように接してあげてください。治療は、患者さん本人の頑張りが無ければ成り立ちませんが、それを支えている身内や家族の支援や頑張りがなければ患者さんも頑張れません。



「病院で楽しめるものを教えてあげてください」
 長期の入院になると、何もしないまま1日が終わることがあります。抗がん剤などで体調も悪い状態が続くと、考えることは不安なことばかりになります。
病院内の本を読むのも良いし、外の景色を楽しむのでも良いですから、普段はできない時間の使い方を教えてあげてください。そうすることで、患者さんは退屈な病院生活の中から楽しみを見つけ、前向きな生活ができるようになります。



「お金にまつわること」
 がんの治療は、本当にお金が掛かります。
治療費だけでなく、生活費などのことも身内や家族にとっては考えなければならないことです。
患者さんに相談するのは仕方ないことですが、治療中で行動が制限されていたり、入院中の患者さんに答えが出せないような相談をすると、患者さんにとって精神的に大きな負担になってしまいます。
治療中は、身内や家族の頑張りどころですので、患者さんを支えて頑張ってください。






「末期がんの終末期医療とは」
 癌が全身に拡がり、積極的治療の方法が無くなった場合の患者さんを末期癌患者と総称します。そしてこの患者さんに行う医療を終末期医療といいます。あまりいい言葉ではありませんが癌でなくなる患者さんはすべてこの段階を経ることになります。


「終末期医療の手続き」
身内や家族が終末期になった場合、どのように手続きをすれば良いかをケース別に説明させて頂きます。
まず、終末期を「自宅療養」か「ホスピス・緩和ケア―などへの入院」かを決めることからはじめます。


「ホスピス・緩和ケア病棟などへの入院」
残念ながら、終末期を過ごせるホスピス・緩和ケア病棟は全国に多くありません。
大学病院やガン専門病院などの大規模病院では、ホスピスまたは緩和ケア病棟がありますが、空きが少なく何カ月も待たないといけない状態が多いようです。

ホスピス・緩和ケア病棟は、完全看護のため介護の心配も無用になります。
ただし、患者への告知、余命診断がされているなどが入院の条件となります。

ホスピス・緩和ケア病棟への入院は、一般の入院と同じように健康保険や高額医療費制度を使って入所することが出来ます。しかし、個室の場合が多く高額になります。


「自宅療養」
在宅療養支援をしている病院や、訪問看護などがあります。また、「在宅ホスピス」と言う、自宅でホスピス的なことを行う方法があります。
自宅で静かに最後を迎えるにあたって往診や看護師の訪問、介護など、自宅での医療行為や介護を訪問で手伝いして頂けます。在宅医療支援では、末期がん患者に必要な 酸素呼吸補助、点滴による栄養補助、痛みをとるモルヒネなどの医療用麻薬の処方などを対応してもらえます。


自宅療養を選択した場合、在宅医療支援先を決めるのと同時に、要介護認定を受けます。
市役所に電話し「要介護認定を受けたい」と言えばわかります。認定には主治医の意見書も必要です。認定まで日数がかかりますから、当面介護保険を使わなくても事前に申請をおこなっておく方法もあります。

要介護認定がもらえそうであれば、近所の介護師派遣の事務所に電話してケアマネージャーを決めます。
歩行困難であればデイサービスなど受けないでしょうが、1日2回など介護師を派遣してもらい入浴や排泄の世話などを依頼することができます。

在宅医療支援(訪問看護など)と、介護支援は似ていますが、役割が違うこと、申請が違うことを覚えておいてください。


病院と在宅の最大の違いは、病院では医療者が看取りますが、在宅では家族が看取るということです。
終末期をどのように過ごすかは、患者さん、ご家族の希望と、現実的な選択で決めることになります。
主治医と話し合って、最良の選択をしてください。





   利用規約   画面の拡大方法      Copyright Cancer Network, All rights reserved.